イヤホンの終着点としてカスタムIEMに手を出そうかと思っている話

手を出そうかと思っている、いや多分こうやって書いてる時点で、ほぼ間違いなく買うことになるであろうカスタムIEMのお話。
ポータブルオーディオ沼というのは怖くて、一度良いものに手を出したり一聴してしまうと、さらに高みを目指してしまうもの。人によっては毎日聴くものだから実質で考えると安いのでは?という意味不明な理論で自らを納得させようとします(特大ブーメラン)。
ポータブルオーディオと言ってもプレイヤーに始まり、アンプやイヤホンなど様々ありますが、個人的に自分にあった良い音を探し求めるならイヤホン・ヘッドホンからだと思っています。それぞれ個性があって音の違いがわかりやすいから。
前置きが長くなりましたが、こんなわけでちょいちょいイヤホンを買い換えるスパイラルを止めるべく、カスタムIEMを1本ぐらい持っておきたいという事。
今年の初めだったかMichelleのレビューのときに「これでスパイラルを止められるぞ!」なんて言っていたが、あれは嘘だ、すまない。

カスタムIEMについて

Ultimate Earsのオーダー画面
そもそもカスタムIEMて何よ、って方がいるかもしれませんね。

簡単に言えば自分の耳に合わせた専用のイヤホンの事。アーティストの方がライブのステージ上で使用しているのを目にしたことがあるかもしれません。
元々はそういったプロの方が使用しているものでしたが、それが一般の方でも
耳の方を取ってオーダー出来るようになったものがカスタムIEMです。

メリット

カスタムIEMを作成するメリットとしては以下の様なものがあります。
  • 耳の穴・形を測定してから作成されるので完全に自分専用のイヤホンになる
  • 当然、装着感は抜群で遮音性も高い
  • デザインも自分で選択でき、好みのデザインに仕上げられる
特に自分の場合は、一般のイヤホンを装着した時にイヤーピースの大きさが合わないことがよくあって、左右の耳で違う大きさのものを付けていることもあります。そういったことを考えると、ちゃんと型を取ってもらって作ってもらえるというのは嬉しいんですよね。

デメリット

  • 値段が高い
  • リセールバリューがめちゃくちゃ低くなる
  • 遮音性が高すぎるあまり、危ない
デメリットとしてはこんな感じ。
自分専用に合わせるんですから値段が高くなるのは当然ですね。
自分専用ということの弊害として大きいのが2つ目のリセールバリュー。中古として放出したい時に、一般のイヤホンならそれなりの価格で引き取ってもらえることが多いですが、カスタムIEMの場合は耳型がバッチリ合う他の人がいないので、その価値はぐっと低くなってしまいます。購入時は高いのに手放すときは安い、しょうがない。
一度注文してしまったら後には引けない怖さはあるものの、耳に合わせた装着感抜群のイヤホンはやっぱり魅力的。音楽に集中できたほうが、短時間でもより気持ちを高めることが出来ますからね。
つらつら書いてきましたが結局購入することになると思います。その時はまた追ってレビューする予定。どのメーカーにしようかなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です