ハイエンドSoC「Snapdragon 820」を搭載するスマホを今年末に発売

Qualcomm社の次期モバイル端末向けハイエンドSoC「Snapdragon 820」を搭載するスマートフォンが年内に発売されるとZDnet Koreaが報じています。

 現行のハイエンドSoCであるSnapdragon810は2014年4月に発表され、LG G FlexやMi Note Proなど搭載機種が今年になって登場しました。しかし発熱問題により出荷が遅れるなど、未だに問題が残るチップでもあります。
 もしSnapdragon820を搭載するスマートフォンが年内に発売することになれば、810を最初に搭載したLG G flexの発売から1年経たずして次期製品が出てくることになります。少し前までは今年の後半にサンプル出荷で来年搭載端末登場と言われていたので計画を前倒ししたのでしょうか。

 Snapdragon 820は機械学習によってユーザーの行動を認知・把握し次にどのようなアクションを起こすか予測しながら動作する技術が組み込まれる予定で、まさに次世代のプロセッサと言わんばかりのものになると思われます。

SOURCE:NAVER News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)