時代の流れ…. 従来型携帯電話「ガラケー」の2017年以降生産終了へ

長らく日本を牽引してきた従来型携帯電話、通称「ガラケー」が2017年以降姿を消すことになりそうです。

 この報道は日本経済新聞よりされたもの。パナソニックなど国内各社メーカーは2017年以降、ガラケーの生産を終了すると報じられています。
 コスト削減のため、これからはGoogle社のAndroidOSを基本にしたスマートフォンに統一するそうです。ガラケー自体の形はなくなるわけではなく、今後AQUOS Kのようなガラホと呼ばれる、ガラケーの形をしたスマートフォンが登場するかもしれません。

 若年層にはスマートフォンが普及していますが、中高年者にはまだまだガラケーが浸透しているのも事実。月額コストの安さから、ビジネスでも会社支給機として使用している方も多いのでは無いでしょうか?

 時代の流れとはいえど、慣れ親しんだガラケーが姿を消すのは寂しいですね….

SOURCE:日本経済新聞 電子版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)