【WWDC 2016】 Apple、Apple watch向けの「watchOS 3」を発表

 日本時間6月14日午前2時より行われている開発者向けイベントWWDC 2016。その中でwatchOSのアップデートがありました。

発表されたのはwatchOS 3。以前のOSよりも格段リレスポンスが向上しており、アプリの切り替えもよりスムーズになったとしています。

Dock機能が新たに追加されアプリの切り替えが楽になっています。ぱっとみiOSのマルチタスクのよう。各機能を簡単に呼び出せるControl Centerも。

 メッセージが届いた時に簡単な返事なら予め用意されていたものをタップして送信できましたが、新たに手書きのオプション「Scribble」が追加。そのうち日本語も対応するでしょうか?
 ウォッチフェイスについて。今までミッキーのものがありましたがミニーも追加。ウォッチフェイスの変更はエッジからスワイプすることで簡単に切り替えることが出来るようになりました。
 フィットネスに関する情報が今まで以上に見やすくなっている上に、新たにフィットネスデータを家族・友達と共有できる「Activity sharing」を搭載。身内が頑張っているデータを見ると自分のモチベも上がるということなのでしょう。
 大きなアップデートとはなっていないものの、着実に進化しているwatchOS。たかが時計にこれ以上何を望むのか、と考えてしまいますがスマホを見る機会を減らすにはこれくらいのことは必要なのかもしれません。
 デベロッパープレビューは今日から提供。アップデートは秋の予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)