【Unpacked 2015】Samsungが「GALAXY Note 5」とS6派生モデル「GALAXY S6 edge +」を正式発表!

 現地時間8月13日に行われたSamsungのUnpackイベントにてNoteシリーズ新機種「GALAXY Note 5」とGalaxy S6の派生モデルでディスプレイサイズが大きい「GALAXY S6 edge +」を正式発表しました!

GALAXY Note 5

 新しいGALAXY Note 5は背面サイドのガラス部分が曲線に加工されており持ちやすさを追求したものになっています。スペックは同時に発表されたS6 edge +と同じですが、なんといっても特徴はSペンを搭載していること。
 本体下部にはスピーカー、充電端子の他にSペンを収納する場所があり収納部分をクリックするとペンが飛び出してくる仕組みに。AirCommandのUIも刷新されより見やすいものになっています。
 

また、画面がスリープ状態でもペンを取り出せば、画面に簡易的なメモを取ることが出来るといった機能があります。

スペックは
  • Android Lollipop 5.1
  • 5.7インチ WQHD解像度 SuperAMOLED
  • Exynos 7420 64bit オクタコアプロセッサー
  • RAM 4GB・ROM 32/64GB
  • 3000mAhバッテリー
  • メイン 16MP OIS・サブ 5MP
となっています。
 カラーはNote5と同じブラックサファイア・ゴールドプラチナ・シルバーチタン・ホワイトパールの4色で、8月21日より発売が開始されます。
 GALAXY Note 3/4/edgeでは背面に革に似せた素材を使用し、高級感を演出していましたが、今回はGALAXY S6のデザイン感に統一しているので好みでない人もいるかもしれません。またMicroSDカードにも対応しておらず賛否両論ありそうです。

GALAXY S6 edge +

 GALAXY S6 edge +は既に発表されているS6 edgeのマイナーチェンジ版のようなもの。5.7インチの大画面にWQHD解像度を搭載することでS6 edgeよりも動画鑑賞等のエンタメ機能に特化した端末と言えそうです。大型化しながらも0.2mm薄くなっています。
スペックは
  • Android Lollipop 5.1
  • 5.7インチ WQHD解像度 SuperAMOLED
  • Exynos 7420 64bit オクタコアプロセッサー
  • RAM 4GB・ROM 32/64GB
  • 3000mAhバッテリー
  • メイン 16MP OIS・サブ 5MP
となっておりNote5と似た仕様になっています。バッテリーは3000mAhで、ワイヤレス充電をサポートしており、ワイヤレス充電の場合はフルになるまで120分以内、有線接続の場合は90分以内に充電が完了するとしています。
 カラーはNote5と同じブラックサファイア・ゴールドプラチナ・シルバーチタン・ホワイトパールの4色で、8月21日より発売が開始されます。
 また、GALAXY S6 edge +・Note5専用のアクセサリーとしてキーボードカバーがあり、BlackBerry風の見た目にチェンジすることも可能。
SOURCE:samsung

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)