Lumia1030のものとされるフロントパネルがリーク

McLarenというコードネームで開発されていると言われるカメラ特化型のWindows Phone「Lumia1030」ですが、それのフロントパネルであろうものの写真がリークしました。

 2013年の7月に発表されたLumia1020は、有効画素数3800万画素、カールツァイスレンズ、光学手ブレ補正が搭載され、スマホしては異例のカメラスペックを持っていました。そんなLumia1020の後継機の噂は去年辺りから浮上しており、中国でプロトタイプの写真がリークされたのは記憶に新しいところです。

 今回リークした写真はLumia1030のフロントパネル。ディスプレイ部分にはペンで大きくLumia1030と書かれています。こちらの写真はリーク写真を拡大したもので、Microsoftと米キャリアVerizonのロゴが見てとれます。

 Lumia1030は50MPカメラ、5〜6インチフルHDディスプレイを搭載すると言われています。
 伝説の名機(迷機)は30の名前を背負いどのような進化をするのでしょうか?

※ 不思議なことに、まだ発表すらされていないLumia1030のフロントパネルはebayで購入できるようになっています。(日本円にして約4000円、7月初旬〜下旬に発送)

SOURCE:Nowhereelse.fr

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)