両方違って、両方良い。「WF-1000XM4」を購入したので「QuietComfort Earbuds」と比較してみたり

どっちが良いなんて言えない。両方良いのです。

FCC通過した時から気になっていたソニーのフラグシップ完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」。前作から色々な面がアップデートされたということで、早速購入しました。

完全ワイヤレスイヤホンとしては6台目、ソニー分としてはWF-1000X・WF-1000XM3と続いて3台目の購入になります。

開封

びっくりするほどコンパクトなパッケージ。握りこぶし一つ分くらいしかありません。

ノイズアイソレーションイヤーピースのS・M・L、取説等紙類、USB充電ケーブルが付属。小さいパッケージなだけあって、内容物も非常にシンプル。

こちらが今回のケース。前作から格段に小型化され、携帯性が高まっています。というか、WF-1000XM3が大きすぎるだけ。

質感はマット仕上げで、するするというよりかはサラッとした手触り。汚れがすぐに付いてしまいそうな素材でも無さそうです。

ケースはワイヤレス充電にも対応していて、Xperia 1 IIIならおすそ分け充電もできるそうな。

背面。充電口は当然USB-C。

今までのメイン機、BOSEの「QuietComfort Earbuds」のケースと比較してみました。BOSEのイヤホン筐体が一回り大きいので仕方がないことですが、こうしてみるとWF-1000XM4のコンパクトさがよく分かります。

蓋を開けるとこんな感じ。

ネガティブな面から先行してしまいますが、まず感じたのがイヤホン本体の取り出しにくさ。どこをつまんで取り出すのが正解なのかが分からないし、しっかり目の磁力をもって収納されているので、つまみ力が浅いと取り出した反動で飛んでいきそうになります。少し慣れが必要かも。

おまけにイヤピ収納部分にやや出っ張りがあるため、Lサイズイヤピだと引っ掛かって落としそうになります。ここはちょっと頂けないですね~。

本体の取り出しやすさ・収納しやすさは、設計にゆとりがあるQC Earbudsの方に軍配が上がります。ただ、そもそもケースを開けるスイッチが押しにくいので完璧!というほどではないんですが。

今回のM4のイヤホン本体。

耳から飛び出している部分が多かった前作は、お世辞にも装着感が良かったとは言えなかったのですが、全体的に丸っこく耳に収まりやすく仕上げられたことで、装着感は格段に良くなっています。

QC EarBudsと比較。色味もかなり違って、サンド色のSONYとクリームホワイトのBOSEという感じ。

重くないので自分自身は気になりませんが、QC EarBudsは筐体が大きいので着けてるとそれなりに存在感があります。

今回感動したのがこのノイズアイソレーションイヤーピース。低反発素材となっていて、指で少し潰すとしばらくその形が残ります。これがめちゃくちゃ耳穴にフィットするんです。コンプライに近い素材感。良い。

公式サイトによると高域のノイズを減衰してくれる特徴があるのだとか。ただこういう系のイヤピは、聞く音楽の高域までもカットされて少し眠い音になってしまいがちなので、スッキリした音に持っていきたければサードパーティ製に変えてみるのも良いかもしれませんね。

バッテリー残量の確認や細かな設定変更は専用アプリ「Headphones Connect」より行います。必要な情報がシンプルにまとめられていて、使いやすい。

音の違いは?

● WF-1000XM4

耳がツンとなるようなノイキャンではなく、かなり自然。装着感の良さと相まって、遮音性はトップクラス。遮音性の高さもあって、ボーカルメインの曲はワイヤレスか?と思うくらい生々しい。ドンシャリ傾向というよりかは、やや低音強めな印象。都心の駅でも途切れることはなし。iPhoneとの接続コーデックはAACだが、素の音がかなり優秀なのでLDACにこだわる必要性はあまり無いかも。

あと「DSEE Extreme」はマスト。(Spotifyで聴く「夜に駆ける」のモバイルストリーミング再生は明らかにピアノの高域がカットされるが、補正されてそれなりに聴こえる)

● Quiet Comfort Earbuds

こちらもノイキャン性能は一級品だが、静寂に近づけようとするWF-1000XM4と違い、必要な部分はちゃんと残してくれる印象(電車のアナウンス音など)。WF-1000XM4に比べるとシャカシャカした音に感じるが、どのジャンルも音のバランスが取れていて苦手な曲が無いし、音場も広い。特殊な形状のイヤピさえ気にならなければ、聞き疲れもしない。何をとってもバランスがいい優等生。

めちゃくちゃ簡単にですが、こんな感じでしょうか。両者とも完全ワイヤレスとしてはフラグシップモデルに位置し、高価な価格帯である故、どちらを取っても満足できるモデルに仕上がっています。

一応WF-1000XM4メインの記事なので言っておくと、個人的には前作(WF-1000XM3)からの買い替えは全然ありだと思います。いや寧ろ変えた方がいい。迷わず買えよ!買えば分かるさ!

不具合?
初期不良なのか分かりませんが、音楽を一時停止して何も音楽を流していないとき、不定期に0.1秒くらいノイズキャンセリングが消え「ボワッ」というノイズ(外音?)が入ることがあります。ソフトウェアアップデートで治りそうなものですが、最新のアップデートでは治りませんでした(少しマシにはなったけど)。価格.comを見ていると同じ症状の人がちらほらいるようで、改善求む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)