【簡易レビュー】卵1個分の軽さの高級ゲーミングマウス「PRO X SUPERLIGHT」がスゴい

このマウス投げてしまいそうになるほど軽い…

昨今の自粛呼びかけもあって、おうちゲーミングの機会が格段に増えているのですが、PCのみならずマウスにまで手を伸ばしてしまいました。

今回購入したのは、ロジクールのゲーミングブランド「Logicool G」の中の本格路線「PRO X」シリーズのマウス。名前の通り”スーパー軽い”事が大きな特徴で、その重さはわずか約63g(ブラックとホワイトでは塗装の関係から少し重さが違うらしい)。バッテリーの入ってないモックなのでは?と疑うほど軽い。

ガジェット類でよくある重ければ重いほど良い製品に感じる….といった考えとは180度逆を行った製品で、とことん無駄なものをそぎ落としつつも機能性を損なわないように仕上げられた、アイデアが非常に詰まった製品です。そりゃ高いわけだ。

毎度おなじみ開封の儀。すでに軽い。中身ちゃんと入ってんの?ってくらい軽い。

軽量ゲーミングマウスで見かける穴ぼこだらけのデザインではなく、見た感じはオーソドックスなマウスですね。ちなみにGのロゴは光りません。

同梱物。充電ケーブルやらレシーバー延長アダプターやら説明書やら。グリップ力を高めるためにマウスに貼る滑り止めシートなんかも入っています。

裏蓋の部分は2種類あって、好みに応じてソールの交換が可能。交換すると背面の2/3がソールになるので、より滑らかな操作性になるわけですね。

ちなみにセンサーは最大25600DPIの解像度まで対応しているとのこと。流石にちょっと動かすだけでマウスカーソルがぶっ飛んで行ってしまうので設定はしませんが、それだけのポテンシャルを秘めてるからこそ、プロゲーマー御用達なんでしょう。

外観正面。

充電口はMicroUSB端子。ここだけちょっと残念。

これだけ軽いのに、バッテリーは70時間も持つそうな。

左側面に2つだけショートカットを割り当てられるボタンがあります。

マウスにしてはやや背が低い気がしますが、「つまみ持ち」派な自分にとってはちょうどいい形状。軽さも相まって最高に操作しやすいです。

SUPERLIGHTォォォ!

よーく見たら、ホイールも自転車のタイヤの如くスカスカな形状になっていることが分かります。

実際に使ってみて

使い勝手を語るほど上手いかどうかは別にして…

単純に今までは仕事で使用しているマウス(MX Master)をそのまま自宅でゲームするときに使用していたので、操作性の違いは歴然なんですが、やっぱり軽いって素晴らしい。

普段はVALORANTやAPEX等のFPSメインでやってるんですが、視点変更やエイムをシビアに求められるゲームにこのマウスの本領が発揮されるのだと感じます。
単純にマウス自体の重量が重いと、合わせたい点に対して手前だったり行き過ぎてしまったりする事が多かったので、自分の持っていきたい方向にサッと合わせられる爽快感は当然こっち。また軽い分ちょっとした操作が楽にできるので、リコイル制御も容易くなる感じがします(とは言いつつ自分が出来るわけではない)。

この味を知ってしまったら、これ以外のマウス使えないかも….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)