まるで何も着けていないかのような軽さ。AirPods Pro用イヤーピース「Spinfit CP1025 」レビュー!(提供)

イヤホンのイヤーピース、こだわってますか?わざわざ変えたことない?もったいないなぁ…

イヤホン向けに多種多様なイヤーピースを手掛けておられるSpinfitさんより、今回AirPods Pro向けの新商品である「CP1025」を提供頂きました。9/18(金)より発売となる新商品です。

CP1025

CP1025はAirPods Pro専用のイヤーピース。1製品にイヤーピース2セットとアタッチメント1セットが付属しています。

サイズはS・M・ML・Lの4サイズ展開。CP360のように1つに2サイズ同封されていたほうが、より自分に合ったモノを選べるので良いんですけどね~。

【Spinfit CP360×WF-1000XM3】ずっとイヤホン着けてると耳が痛い?じゃ、イヤーピースを変えてみよう。

サイズについてはパッケージ裏にAirPods Pro純正のイヤーピースとの対比図があるのでこれを参考にしましょう。

AirPods Proの装着方法は少し変わっていて、直接イヤーピースを装着するのではなく間にアタッチメントをかまします。

このアタッチメント、外すときにサイドの部分がAirPods本体の爪(黒いところ)に引っかかることがたまにあり、割れないか心配になることがあります。多分乱暴に外さない限り大丈夫。

楕円であるが故に装着には少しコツが必要で、アタッチメントの突起にイヤピの軸を片方ひっかけそのままグッと押し込む感じ。Youtubeに動画があるので参考に。

純正との比較。

純正イヤピは楕円形になっているのに対し、CP1025は完全円形。サイズは両方ともLサイズです。

傘の高さも若干CP1025のほうが抑えめ。

手持ちのCP360とも比較。こうして見るとかなり傘の高さが低く、ノズル部分が短いAirPods Pro専用であることが分かりますね。

CP360同様に軸の部分にくびれがあり、これが装着感向上のカギとなっています。素材も純正に比べ柔らかめ。

聴いてみる

まず装着して驚くのが異物感の無さ。もともとAirPods自体が結構軽いので気になる程ではないですが、CP1025ではまるで何も着けてないんじゃないかと思うくらい軽い装着感になります。(かと言って、すぐに抜け落ちそうな感じではない。)
長時間聴いていると痛くなってきたりする人には、ぜひ試してほしいですね。軽さは正義。

純正と比べ環境音がほんの少し入ってくる気がしますが、そもそものノイズキャンセリングの効きがとても優秀なので全く気になりません。

音の変化としては、高域はそのままに中低域が少し弱くなってシャキっとした音になったな、という印象。聴いていて疲れない音ではありますが、ズンドコ系J-POPメインの方は向かないかも。

天使の羽のように軽い装着感を取るか、音質を取るかといったところかな。

CP1025に交換してもバッチリケースに収まります。傘をもう少し長くしてくれればなぁ~とは思いましたが、確かにこのケース設計じゃ無理っぽい。

AirPods向けのイヤーピースはこれまで純正一択しかなかったんですが、最近になってようやく色々出てきましたね。装着感に困っている方(あるいははイヤーピースを無くす人)は、イヤピ交換について是非ご検討を。

created by Rinker
SpinFit
¥1,650 (2020/11/25 22:34:05時点 Amazon調べ-詳細)

Source:CP1025商品ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)