SONYのノイキャン完全ワイヤレスに後継モデル!「WF-1000XM3」がFCC通過

SONYのフラグシップ完全ワイヤレスイヤホンに、ついに後継モデルが登場するようです。
現行モデル「WF-1000X」の発売は2017年の秋。そこから防水に対応した「WF-SP900」や「WF-SP700N」などスポーツ向けの完全ワイヤレスイヤホンは登場しましたが、フラグシップモデルのアップデートは1年経ってもありませんでした。

そんなときに突然入ってきた「WF-1000XM3」の情報。FCCを通過したということで、もうじき出てくることは間違いなさそうです。
それにしても、なんでM2じゃなくていきなりM3なんでしょうね。ヘッドホンの方のWH-1000XM3の命名に合わせたんでしょうか。

今のところ分かっているのはケースの形状くらい。ぱっと見た感じ、現行モデルからさほど変わっていないように見えますね。

そういえば過去にWF-1000Xを所持していたことがあって、装着性や音はかなり気に入っていたんですがどうも接続安定性が悪く、それほど人が多くないにも関わらず、ぷつぷつとお途切れが発生してしまうのがストレスでした。結果的にBOSEに浮気してしまったんですけど、この後継モデルのスペック次第ではまたSONYに戻るかも。一応過去にレビュー記事書いてますんで、良かったら。

個人的には今持ってる機器の充電周りをすっきりさせたいので、充電口にType-Cを採用してくれたらありがたいんだけどなぁ。

完全ワイヤレスイヤホンブームど真ん中のこの時期に、どんなアップデートを果たしたモデルが投入されるのか、発表が楽しみですね!

SOURCE:FCC ID

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です