Moto360の後継機は「Smelt」というコードネームで開発中?

去年の3月に発表されてから1年が経過したモトローラ製スマートウォッチ Moto360 ですが、その後継機が「Smelt(ワカサギ)」という名のコードネームのもと開発されているようです。

 その「Smelt」と呼ばれるスマートウォッチは360×360解像度のディスプレイで、Android 5.1を搭載しているようです。現行のMoto360が320×290であるので若干高精細になってますね。

 Moto360の後継機についてはこの前もWeiboにそれらしきデバイスが入ったカバンの中身の写真が流出し、話題となっていました。

見た感じかなりのバリエーションが有る

 デザインは文句無いですが、バッテリー持続時間を改善してもらいたいですね…
SOURCE:Phandroid

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)